Windowsユーザーが知らないと損をする動画編集ソフト3選(厳選)

roman

動画編集ソフトを使ってみたいけど、調べてもどれを使って良いか分からない…という人向けに初心者向けの動画編集ソフトを3つ紹介するね!

※ここはWindowsユーザー向けのページになるので、Macユーザーの人は以下の記事をご覧ください↓

Macユーザーが知らないと損をする動画編集ソフト3選(厳選)このページでは、Macユーザーへの初心者におすすめの動画編集ソフトを3つを紹介するね! Windowsユーザー向けの動画編集ソフトについては以下の記事にまとめています↓ https://teto.tok…
続きを読む
 teto.tokyo
Macユーザーが知らないと損をする動画編集ソフト3選(厳選)

MicroSoftフォト

Windows10に入っている元々入っている動画編集ソフトで、無料でありながら「広告」「機能制限」ありません。

素材の管理や、画像の加工しやすい面があるので、写真メインで動画を作りたい人に適していると思います。

「アプリオリジナル機能」

  • PCに読み込ませた写真&動画を一覧で表示(一覧は自動的に年数・月で整理される)
  • アルバム機能
  • 人物の抽出(「コレクション」に保存されている顔を自動検出し、人単位で写真や動画まとめる)
  • フォルダー(PC内に保存した写真や動画のフォルダを抽出してくれる)
  • 画像編集
  • 明るさ&色&明瞭度の修正
  • ふちどり
  • 縦横比の変更
  • 反転&回転
  • トリミング
  • フィルター補正
  • 描画
  • 3D編集&効果追加

Filmora

無料版で全ての機能が使えますが、完成した動画には以下のように「FILMORA試作版で作成」というロゴが入ってしまいます。

(↑ロゴ入っている様子※有料版であれば表示されません。)

無料版はロゴが入ってしまうものの、利用期間は永久なので練習用に適していると思います。

Filmoraの無料ダウンロードはこちらから

個人プラン一覧

filmoraには個人用プランとビジネス用プランが用意されています。

ここでは個人用プランのみをご紹介します。(プラン内容は以下の通りです)

個人プラン無料プラン1年間プラン永久ライセンス

Filmora+Filmstock
お買い得年間プラン

複数PC用永年ライセンス
値段0円6,980円(税込)8,480円(税込)11,780円(税込)37,900円(税込)
全ての機能を利用可
無料アップデート
ロゴなし×
利用可能デバイス数11115
利用期間永続1年間永続1年間永続
購入タイプなし自動更新買い切り自動更新買い切り

参照:FilmoraX windows版購入ページより※2021年10月16日現在のデータ

PowerDirector

30日間無料(体験版)で使用できる動画編集ソフトです。

体験版なので、テンプレートやエフェクトに制限あり、また、作成後の動画冒頭にはロゴが入ります。

その他、機能制限はあるものの初心者が練習するには問題ない機能は揃っていると思います。

PowerDirectorの体験版ダウンロードはこちら

機能制限なく安く抑えたければサブスクリプション版

PowerDirectorは「買い切り版」と「サブスクリプション版」に分かれて販売されています。(サブスクリプション方式=利用期間に応じて料金を支払う方式)

そのため、比較的安く安定した動画編集を行えると思います。

利用できる機能は細かく分かれているので公式ページからご確認ください。

CyberLink PowerDirector 365 1年版

3つの機能の比較表

最後に紹介した3つの機能のまとめておきます。

 

「フォト」はWindows10を持っている人であれば、インストールなどの手間がないので、すぐに試したい方は「フォト」を使ってみるのが良いと思います。

「少し本格的に始めたいな~」と思っている人であれば、「powerDirector」か「Filmora」のどちらかが良いと思います。

roman

まずは無料版で初めて見ましょう!
Macユーザーが知らないと損をする動画編集ソフト3選(厳選)このページでは、Macユーザーへの初心者におすすめの動画編集ソフトを3つを紹介するね! Windowsユーザー向けの動画編集ソフトについては以下の記事にまとめています↓ https://teto.tok…
続きを読む
 teto.tokyo
Macユーザーが知らないと損をする動画編集ソフト3選(厳選)

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

2 Comments

コメントを残す