動画編集に適したパソコンのスペック

動画編集を目的としたパソコン選びに悩んでいませんか。

今やパソコンの数多くあり、値段も様々なので迷うのは当然です。

そこでこのページでは、動画編集に適したパソコンをお伝えしていきます。

動画編集に適したパソコンとは

まるうさんによる写真ACからの写真

動画編集に適したパソコンでは以下の5つを確認するとよいでしょう。

  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • GPU
  • 画面の大きさ

CPU

CPUの役割はパソコンの全体的な処理を行うことです。このCPUの性能が大きいほどパソコンの動きは快適になります。

CPUは主に以下の3つで構築されています。

  • コア数(表記:Core i5, Core i7など)
  • スレッド数(表記:スレッド数4, スレッド数8など)
  • クロック周波数(表記:〇Hz, ○GHzなど)

動画編集においては、“コア数”と“クロック周波数”を重視すればよいです。

このページではコア数とクロック周波数について詳しくは書きませんが、コアは人間に置き換えると脳となります。クロック周波数は人間に置き換えると作業の手の速さとなります。

例えば、ある1つの動画を処理するのに、2.5GHzの処理能力を持った人が5人がかりで処理にあたるとします。

これをパソコンに置き換えるとCore i5と2.5GHzのスペックをもったパソコンということになります。

よって、Core i5以上が望ましいでしょう。

メモリ(キャッシュメモリー)

メモリも作業速度に影響する部分です。

メモリを言い変えると“作業領域”と呼びます。また、机に例えられることが多いです。

メモリ数値が大きいほど、机は広くなります。つまり、大量の資料(データ)を取り扱うことが可能となります。

よって、メモリは8GB以上が望ましいでしょう。

ストレージ

ストレージはデータを保存する場所となります。動画編集となると編集前の動画、編集後の動画を扱うことになります。動画は容量が大きいためストレージの小さいパソコンではすぐにいっぱいになってしまいます。

よって、128GB以上のSSDが望ましいでしょう。

GPU

基本的に動画編集にGPUの性能を求めなくても大丈夫です。

しかし、4Kや8Kなどの高解像度の動画を確認するためには必要となってくるでしょう。

なぜならば、4Kや8Kのような高解像度で確認をしなければならない映像を、4Kや8Kよりも低い性能のスペックのGPUで確認しても意味がないからです。

ディスプレイの大きさ

ディスプレイの大きさは人によると思いますが、大きめの方がよいと思います。作業画面が小さいのは意外とストレスだったりします。

または複数のディスプレイを使用するという方法もあります。

この方法についてはこちらの記事にまとめています。

動画編集に適したパソコン

C-Picturesさんによる写真ACからの写真

先ほど紹介したことを元に動画編集に向いているパソコンを紹介いいたします。