動画編集に適したパソコンの選び方

roman
日常的に使うパソコンを買いたいと考えているけど動画編集もしようと思っている。それなりのスペック(性能)を持ったパソコンが必要だと思うけど、どれくらいのものを選べばいいのだろうか

パソコンを買う時に気になるのはスペックと値段ですよね。

パソコンを買う時は新品で高スペックのものを選ぶのが望ましいですが、その分値段も高くなってしまいます。

中古品を買う選択肢もありますが、中古品だからバージョンが低いなどで、動画編集がやりにくくなるのではないかと考えてしまうのではないでしょうか。

このページでは、中古品も視野にいれた動画編集に適したパソコンのスペックについてお伝えします。

パソコンのスペックの確認事項

まるうさんによる写真ACからの写真

動画編集に適したパソコンでは以下の5つを確認するとよいでしょう。

  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • GPU
  • 画面の大きさ

CPU(Core i5以上が望ましい)

CPUはパソコンの全体的な処理を担っています。

このCPUの性能が大きいほどパソコンの動きは快適になります。

CPUは主に以下の3つで構築されています。

  • コア数(表記:Core i5, Core i7など)
  • スレッド数(表記:スレッド数4, スレッド数8など)
  • クロック周波数(表記:〇Hz, ○GHzなど)

また、それぞれを人に置き換えると以下のような感じになります。

  • コア数(作業する人数)
  • スレッド数(作業する人の頭の良さ(一度にどれだけ作業できるか))
  • クロック周波集(作業する人の手の速さ)

メモリ(8GB以上が望ましい)

メモリも作業速度に影響する部分です。

メモリを言い変えると“作業領域”と呼ばれ、または“机”に例えられることが多いです。

メモリ数値が大きいほど机は広くなり、大量の資料(データ)を取り扱うことが可能となります。

ストレージ(256GB以上のSSDが望ましい)

ストレージはデータを保存する場所となります。

動画編集となると編集前の動画、編集後の動画を扱うことになります。

動画は容量が大きいためストレージの小さいパソコンではすぐにいっぱいになってしまいます。

GPU

基本的に動画編集にGPUの性能を求めなくても大丈夫です。

しかし、4Kや8Kなどの高解像度の動画を確認するためには必要となってくるでしょう。

なぜならば、4Kや8Kのような高解像度で確認をしなければならない映像を、4Kや8Kよりも低い性能のスペックのGPUで確認しても正しい判断ができないからです。

ディスプレイの大きさ

ディスプレイの大きさは人によると思いますが、大きめの方がよいと思います。

動画編集するときはが1画面いっぱいに表示されます。(小さくすることも可能ですが作業しにくいと思います)

1つの画面が小さくても追加でディスプレイモニターを追加で来ますので、もう1つディスプレイモニターがあった方がストレスを減らせそうと感じる人は購入した方が良いです。

また、ディスプレイモニターを買う際の注意点を以下の記事にまとめておりますので参考にご覧ください。

ディスプレイモニターの購入する際の注意点はこちらから

まとめ:CPU/メモリ/ストレージにはこだわろう

動画編集するためには「CPU」「メモリ」「ストレージ」には注意しましょう。

特に「CPU(Core i5)」と「メモリ(8GB)」は最低限必要なラインだといえます。

「ストレージ」は256GBあると安心だと思いますが、値段を下げたいのであれば128GBでも良いと思います。(動画編集の量や、扱う素材のデータ量によります)

 

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします