動画編集に適したパソコンの選び方

 

タロウ君
動画編集したいからパソコンを買おうと思っているけど、どれ位のスペック(性能)ものを選べばいいのだろうか

 

パソコンを買う時に気になるのは性能と値段ですよね。

出来れば新品で高性能なパソコンを選ぶのが望ましいですが、やはりその分値段も高くなってしまいます。

中古品を買う選択肢もありますが、中古品だからOSバージョンが低いなどで、動画編集がやりにくくなるのではないかと考えてしまうのではないでしょうか。

このページでは、中古品も視野にいれた動画編集に適したパソコンの性能についてお伝えします。

パソコンのスペックの確認事項

まるうさんによる写真ACからの写真

動画編集に適したパソコンでは以下の5つを確認するとよいでしょう。

  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ
  • GPU
  • 画面の大きさ

CPU(Core i5以上が望ましい)

CPUはパソコンの全体的な処理を担っています。

このCPUの性能が大きいほどパソコンの動きは快適になります。

CPUは主に以下の3つで構築されています。

  • コア数(表記:Core i5, Core i7など)
  • スレッド数(表記:スレッド数4, スレッド数8など)
  • クロック周波数(表記:○Hz, ○GHzなど)

また、それぞれを人に置き換えると以下のような感じになります。

  • コア数(作業する人数)
  • スレッド数(作業する人の頭の良さ(一度にどれだけ作業できるか))
  • クロック周波集(作業する人の手の速さ)

メモリ(8GB以上が望ましい)

メモリも作業速度に影響する部分です。

メモリは言い変えると「作業領域」と呼ばれ、または「机」に例えられることが多いです。

メモリ数値が大きいほど机は広くなり、大量の資料(データ)を取り扱うことが可能となります。

ストレージ(256GB以上のSSDが望ましい)

ストレージは、データを保存する場所となります。

動画編集は「編集前の動画」「編集中の動画」「編集後の動画」を扱うことになります。

動画はストレージの使用量が多いため、ストレージの小さいパソコンではすぐにいっぱいになってしまいます。

GPU

GPUは画像や動画の処理を行うもので、CPUはパソコン全体の処理を担っていますが、GPUは画像や動画の処理だけを担っているものです。

だから、GPUを搭載したパソコンはCPUと共同して処理を行ってくれるので、パソコン全体の処理が早くなります。

ディスプレイの大きさ

ディスプレイの大きさは人によると思いますが、大きめの方がよいと思います。

動画編集するときはが画面いっぱいに表示されます。

小さくすることも可能ですが、小さな画面では編集しづらく、ストレスになると思います。

もし「持ち歩くことも想定しているので、出来るだけコンパクトな方がいい」という人は、ディスプレイモニターがお勧めです。

また、ディスプレイモニターを買う際の注意点を以下の記事にまとめておりますので参考にご覧ください。

ディスプレイモニターの購入する際の注意点はこちらから

 

動画編集に最低限、必要な性能

動画編集するためにの最低ラインは、「CPU(Core i5)」「メモリ(8GB)」「ストレージ(256GB)」です。趣味程度でたまに編集するかしないかの人はこのくらいで良いと思います。

ただし、頻繁に編集することを想定しているならば「corei7」「メモリ16GB」「ストレージ512GB」であれば失敗はないと思います。

 

おすすめのパソコン

最後に、これまで紹介した条件を元にWindowsとMacBookProでオススメのパソコンを紹介いたします。

 

 

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします