素材や作品のちょっとした整理で作業ストレスが軽減できる

どうもromanです。

動画編集の作業することが多くなってくると、必ず素材や作った動画の保存先に悩むことになってきます。

動画編集ソフトに素材を読み込ませると、動画編集ソフトの中にもその素材が保存されます。

つまり、パソコンの中と動画編集ソフトの中の2か所に同じ素材が保存される状態に。。。

そうするとパソコンの容量がいっぱいになりやすく、パソコンの動きも遅くなってしまいます。

そこで、今回はパソコンの容量を節約&素材や作った作品を大切に保存する方法をお伝えします。

【目次】
・ファイル名を付ける大切さ&名前の付け方
・パソコンの容量を節約するための便利なツール
・まとめ


【ファイル名を付ける大切さ&名前の付け方】

これを読んでいる人のあなたは撮影したものに名前を付けていますでしょうか。

もしくは、名前を付けようと考えているでしょうか。

もしかすると気付かないかもしれませんが、この撮影した物に名前を付けること(ファイル名を付けること)をサボってしまうと、動画編集の作業が長くなってしまうのです。

これは私の経験なのですが、めちゃくちゃストレスになりました。

動画編集ソフトに素材を読み込ませると、その素材はファイル名で表示されます。

つまり、動画編集中の素材選びの時は、ファイル名を見ながら素材を選び、作業することになるのです。

もちろん、動画編集ソフト上で素材の内容を見ることは可能です。

しかし、素材の内容を確認する画面は1つしかないのが大体です。

サムネイル(画像の内容を画像で表示しつつ、一覧になっている状態)でも確認は可能ですが、あまりオススメは出来ません。

動画編集ソフトの中の素材がいっぱいだったりすると、非常に探し難いからです。

ファイル名をしっかりと付けておけば、そのファイル名で検索をかけられるので、読み込んだ素材探しの時間を短縮できます。

因みに私が良くつけるファイル名の規則は、

「年数と月場所行事」→(例)「201811_品川_○○の結婚式」

 

みたいな感じです。

ベースはこんな感じで、「行事」の部分は必要に応じて変えたりします。


【パソコンの容量を節約するための便利なツール】

冒頭の方で、「素材はパソコンと動画編集ソフトの2か所に保存されるので、パソコンの容量がいっぱいになってしまう」と書きました。

「パソコンの容量がいっぱいになってきたら、動画編集ソフトには残っているから、パソコンの方を消せばOKじゃない?」と思うかもしれませんが、これはオススメできません。

これは経験ですが、読み込んだ量が多くなると動画編集ソフトの動きが遅くなります。

そのため、私はパソコンの容量がいっぱいになってくると整理に行います。

その整理の方法として、パソコン上に残っている素材を別の場所へ移動させてしまいます

別の場所と言うのは、「外付けのハードディスク or USB」「オンラインストレージ」です。

「外付けのハードディスク」というのは、、、

 

「USB」というのは、、、

created by Rinker
¥1,097 (2019/11/13 13:49:09時点 楽天市場調べ-詳細)

だったりします。

私は容量の大きい素材を使うことが多いので、基本的に「外付けのハードディスク」を使っています。(手のひらサイズということもあって、無くしにくいというのもあります。)

「オンラインストレージ」というのは、GoogleDriveやDropboxなど、ネットワーク上の入れ物です。

これらは一定の容量までは無料で提供されているので、あまりお金を掛けたくない人にはオススメです。

※iPhoneを使っている人はiCloudというオンラインストレージに自動保存されている人も多いのではないかと思います。

これらの利用は、アカウントを作れば簡単に利用できるものが多いので、一度作っておくと便利です。


【まとめ】

今回はパソコンの容量を節約&素材や作った作品を大切に保存する方法をお伝えしてきました。

作成した作品にはファイル名を付けると思うのですが、集めた素材にファイル名を付けることはなかなかないのではないでしょうか。

毎回ファイル名を付けるのは面倒と思われるかもしれませんが、動画編集作業をする時や、素材を改めて探す時に、ファイル名はストレスを削減するのに超有効なのです。

また、保存先もしっかり決めておけば、せっかく作った作品や集めた素材を失うことはないので、気を使って行きたいところです。

こういった感じで、今後も動画編集に関連する情報を発信していきます。