便利ツールでデータを上手に整理しよう~整理整頓はストレスを減らす

roman

作った動画や、その時に使った素材を上手く整理する方法をお伝えするね!

ファイル名を付ける大切さ&名前の付け方

動画を作る際に使用した素材や、完成した動画には名前を付けてあげましょう。

自分がパッと見て、中身が何なのかを理解できるものが望ましいです。

動画編集をしていくとパソコンの中が色んなファイルでいっぱいになってきます。

そうなると「あの素材どこだっけ?」と素材を探すのに手間取ることがあります。

しっかりと名前を付けていれば、パソコンの検索ですぐに探し出すことが出来ます。

また、動画編集ソフトよっては読み込ませた素材は五十音順・アルファベット順で表示されます。

ファイル名は規則性を持たせる

個人が管理するものなので、名前は見て分かれば何でも良いのです。

オススメの方法は、規則性を持たせること。

例えば「年数と月場所行事」というような規則にするなら「201811_品川_○○の結婚式」といような感じです。

パソコンのアイコン表示機能

Windowsでも、Macでもサムネイル表示というのがあります。

アイコン表示とは、ファイルの中身を表示する表示方法です。(画像①を参照)

※画像①と②はWindowsの画面になります。

(↑画像①)

画像①の様な表示の仕方をアイコン表示と言います。

このような表示のさせ方をしたい場合は「ファイル」→「表示」から行うことが出来ます。(画像②参照)

(↑画像②)

これで毎回、ファイルを開かなくてもファイルの中身を確認することが出来ます。

パソコンの容量を節約するための便利なツール

パソコンの容量が増えたときの対策としてできることは以下の2つです。

  • 作った動画や素材をパソコンから完全に削除する
  • パソコンから別の場所に移す

前者は素材が無くなってしまうので、あまりオススメは出来ません。

そのため、後者の方法「パソコンから別の場所に移す」をオススメしたいです。

移す場所ですが、USBメモリやHDD、SSDなどのポータブル系の記録媒体、またはGoogleドライブやiCloudなどのオンラインストレージにデータを移します。

容量が少なくていい人はUSBメモリかオンラインストレージ

USBやオンラインストレージは値段が安価な物が多いので、非常に買い求めやすいです。

また、オンラインストレージの方は必要に応じて、容量の買い足しがすぐにできる場合があるので便利です。

オンラインストレージサービスは以下の様なものがあります。

  • Googleドライブ
  • iCloud
  • Dropbox
  • box
  • OneDrive

「オンラインストレージ」と検索すれば他にも沢山でてきますので、気になる方は検索してみてください。

大量に保存する人はHDDかSSDがおすすめ

オススメはHDDかSSDです。

USBメモリの容量が大きいものは値段が張りますので、値段を抑えて、且つ、沢山保存したい人にはあまりオススメ出来ません。

また、オンラインストレージは保存容量+月額制の場合があるのでコストが高いかもしれません。(サービス内容によります)

本体サイズはUSBと比べ、HDDの方が大きいですが、容量が大きいデータを大量に保存するのに適しています。

SSDはHDDよりも本体サイズは小さく容量も大きいですが少し値段が高くなります。

まとめ:パソコン内はきれいに整理しておこう

作業に集中するため、整理が後回しになってしまう人もいると思います。

毎回整理するは面倒と思いますので、タイミングを見つけてやれば良いと思います。

パソコンからデータを移すときも時間が掛かる物もあったりするので、作業終わりにファイル名を付けて、一括でHDDなどに投げて放置でも良いと思います。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントを残す