専用ツールを使って思った通りの撮影を実現しよう

どうもromanです。

動画編集に必要には必ず「素材」が必要です。

今ではインターネットで検索すれば、素材は手に入ります。

しかし、インターネットから探した素材は、思った通りのものであること少ないです。

自分で素材集めするにしても、なかなかクオリティの高い素材を集めるのには苦労します。

そこで、今回はあなた自身が素材集めする際にぜひ手にしておいてほしい撮影ツールをご紹介しようと思います。

これで思った通りの素材を集めて、オリジナリティの高い動画を実現できます。

 

【目次】
・三脚(自撮り棒、Bluetooth機能)
・スマートフォンに取り付けられるカメラレンズ
・まとめ

【三脚(自撮り棒、Bluetooth機能】

安定して綺麗に撮影するためには三脚は必須。

三脚には「立てる三脚」と絡める三脚」の2パターンあります。

スタンダートな三脚は立てる三脚ですが、場面によっては絡める三脚の方が上手く撮れることがあります。

どちらも値段はそこまで高くはないので、両方を持っていても不便はないと思います。

また、中にはBluetooth機能を搭載した物もありますので、集団での撮影で誰かが抜けた状態でとる必要もなく、1人旅では自分と綺麗な景色を一緒に撮ることも可能です。

 

【クネクネ三脚】

created by Rinker
¥1,020 (2019/11/13 10:52:32時点 楽天市場調べ-詳細)

机の上などに置いて撮影をする際に支える三脚として使うこともでき、三脚の足がクネクネと動くので、細い棒(手すりなど)にも絡ませて固定することができます。

 

【自撮り棒 三脚付き】

created by Rinker
¥2,180 (2019/11/13 10:52:32時点 楽天市場調べ-詳細)

6段階伸縮形式(最長100cm)、Bluetooth機能を搭載しています。
自撮り棒・三脚と2通りの使い道があり、Bluetoothで離れた場所からでも撮影が可能です。


【スマートフォンに取り付けられるカメラレンズ】

スマートフォンで遠くのものを撮影しようとすると、どうしてもボヤケテしまって思ったような写真が撮れないことがあります。

そんな時に役に立つのが、望遠カメラレンズ

遠くの景色、近づくと逃げてしまう動物もこれでキレイに撮影できます。

球体の様に撮れる魚眼レンズや虫眼鏡の様に小さいものを撮るのに向いているマイクロレンズなどがあります。

created by Rinker
¥2,995 (2019/11/13 17:16:57時点 楽天市場調べ-詳細)

レンズを付けてズームしても画質の劣化を起こさずに撮影が可能です。
魚眼レンズは180°の画角で撮影することが可能で、マイクロレンズは撮影対象をクッキリと撮影できます。


【まとめ】

自分でキレイな素材を集めるためには、やはり、今回紹介したツールは欠かせません。

今回紹介した物はどれも重量的に考えても軽量なものなので、普段持ち歩いても問題ないと思います。

ふと目に入ったものを綺麗にカメラに収め、あなたの素材フォルダの種類を増やしてみてはいかがでしょうか。

こういった感じで、今後も動画編集に関連する情報を発信していきます。