モチベーション動画を作るときのコツ(スポーツ偏)

タロウ君
モチベーション動画ってどうやって作ったらいいんだろう。何かコツなんかあったりするのだろうか…

モチベーション動画は、スポーツの強豪校はもちろんのこと、プロ選手も利用するものです。

例えば、大事な大会の前に見ることが多いと思います。

個人の気持ちを高めるのはもちろん。チームの士気を上げるのにも用いられます。

このページでは、選手にやる気を出させるためのモチベーションビデオの作り方のコツをお伝えしたいと思います。

曲選び

曲選びは画像・動画素材と同じぐらい大事です。

なぜなら、曲は動画の雰囲気を作り、動画の長さを決めるからです。

曲は高低感のあるものが良いです。

ちょっと難しいかもしれませんが「辛いところから這い上がる」イメージです。

例えば「with you(ゆず)」「Jupiter(平原綾香)」などです。

また、個人に見せるものであれば、その人が好きな曲から選んでみるのもありです。

素材集め(写真と動画)

写真と動画はできるだけ試合中、練習中のもの良いです。

野球ならバッティングやピッチングしているシーンの動画。

サッカーならドリブル、シュートしているシーンの動画。

また、写真であれば、表彰台、勝利した瞬間、負けて涙している、ガッツポーズなどが良いと思います。

他にも幼い頃の練習風景などを加えると、ワンパターンな印象をぬぐえるかもしれません。

曲に合わせて動画&写真をあてる

C-Picturesさんによる写真ACからの写真

曲と素材がそろったら、あとは曲に合わせたシーンの抽出です。

曲が静かなところは泣いているシーン、曲が盛り上がるところは勝利直前・直後、といった具合に調整するのがポイントです。

曲や動画、写真だけではなく、所々に気持ちが高まるような言葉を入れてあげると、よりモチベーションアップの効果が上がると思います。

まとめ:繰り返し見ることが大切

完成した動画は自分でチェックするのはもちろんですが、出来れば他の人に見てもらいましょう。

他の人に見てもらうと、自分では気付かなかった点などが分かるので、おすすめの方法です。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします