スポーツの現場で役立つ!動作確認ならiPadがオススメな理由

iPhoneの進化で写真や動画の画質も良くなり、さらに軽量化やその他色んな機能が付いていますね。

そういったこともあり、iPadの需要が減ってるように思えます、スポーツの現場ではこれからのように感じています。

このページでは、スポーツ現場ではiPadをお勧めする理由をお伝えしていきます。

画面&容量が大きい

練習または試合をハンディカメラで撮影している姿を大会会場などで見かけるのですが、その映像を見直すのはほんの数回だと思います。

それは以下のような理由があるからではないでしょうか。

  • 「ハンディカメラの画面が小さい」
  • 「ハンディカメラから映像を取り出して見るのが面倒、映像の取り出し方が分からない」

iPadであれば以上のような点は解決されます。

容量がすぐいっぱいになる不便さはありましたが、現在は256GBのiPadが販売されているので、容量の問題は解消されたのではないでしょうか。

iPadで撮影するときに便利なツール

iPadはサイズが大きいため持ちながら撮影することはあまりないと思います。

以下のようなツールを使えば、iPadでも三脚に取り付けて撮影することが出来ます。

固定する部分がiPadの大きさに合わせることができるので、1つあれば十分です。

created by Rinker
¥2,000(2020/07/10 15:43:10時点 楽天市場調べ-詳細)

AirDropで簡単にパソコンへ移動

iPadを使った方が良い理由はもう1つあります。

それはApple製品の特徴の1つである「AirDrop」機能。

これはApple製品(iPhone、iPad、MacBook)に就けられているファイル転送機能で、「Wifi」と「Bluetooth」さえ繋げれば、ケーブルを繋がなくてもファイルを転送することが出来る機能です。

これさえあれば、メモリカードを取り出すことや、ケーブルを繋ぐなどの作業は必要ありません。

こうすることでMacBookに映像を送り、動画編集をすることも可能です。

MacPCで動画編集についての記事はこちら

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

Shareこの記事をシェアしよう!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す