スポーツの現場で役立つ!動作確認ならiPadがオススメな理由

iPhoneの進化により写真も動画も画質がクリアになってきています。また、軽量化や記録容量増加も進んでいます。

そういったこともあり、iPadの需要が減ってきているのではないかと思います。

しかし、スポーツの現場ではどうでしょうか?

iPadは画面が大きい分、持ち歩くには少々場所を取りますが、スポーツの現場では利用価値が高いといえます。

このページではiPadをスポーツ現場で使うメリットをお伝えしていきます。

【画面&容量が大きい】

練習または試合をハンディカメラで撮影している姿を大会会場などで見かけるのですが、その映像を見直すのはほんの数回だと思います。

その理由として挙げられるのは、

「ハンディカメラの画面が小さい」

「ハンディカメラから映像を取り出して見るのが面倒、映像の取り出し方が分からない」

などがあるのではないでしょうか?

つまり、以上ようなハンディカメラでのデメリットはiPadであれば無くなります。

また以前までは、容量がすぐにいっぱいになるなど問題がありましたが、現在は256GBのiPadが販売されているので、そこの問題はかなり軽減されたといえます。

ただし、256GBは値段が高いので容量を1つ落とし128GBでも十分だと思います。

【iPadで撮影するときに便利なツール】

今までハンディカメラで撮影する時は、手で持つor三脚に取り付けて立てる方法がありましたが、iPadは手で持って撮影するには向いていません。

そこで残るは三脚になるのですが、三脚にどうやって立てるのかイメージが付きにくいと思います。

実はこういったものがあります。

これであれば、新しい三脚を買う必要もなく今までの三脚に取り付けられると思います。

コンパクトサイズで軽量なので、今までの荷物にこれを足しても、さほど荷物にはならないと思います。

【AirDropで簡単にパソコンへ移動】

iPadを使った方が良い理由はもう1つあり、それはApple製品の特徴の1つである「AirDrop」機能。

これはApple製品(iPhone、iPad、MacBook)に付いているファイル転送機能で、「Wifi」と「Bluetooth」を繋げば、ケーブルを繋がなくてもファイルを転送することが出来る機能です。

つまり「メモリカードを取り出す」とか「ケーブルを繋ぐ」などの作業は必要ありません。

そういった手間を無くせる部分もあり、iPadで撮影する利点は十分あります。

こうすることでMacBookに映像を送り、割と手間なく動画編集をすることも可能です。(Macでの動画編集についてはこちらをご覧ください。「iMovieで実際に動画を作って、動画編集のやり方を覚えよう」)