動画編集技術を上達させるには「勉強」と「練習」のコツが必要

タロウ君
動画編集に少し慣れてきたけど、覚えが悪いせいか、他の人が作っている様な動画を作れるようになるまでどれくらい掛かるやら…

 

 

凝った動画編集になると難易度が上がりますが、簡単な動画編集であれば、ある程度の操作方法を覚えるだけで、ある程度の編集は可能だと思います。

しかし、なかなか思ったように上達しないことで悩むこともありますよね。

 

その原因として、「勉強」や「練習」のコツが掴めてないのではないかと思います。

そこで、このぺーでは、動画編集の勉強と練習のコツをお伝えできればと思います。

 

技術を上達させるコツは真似ること

photoBさんによる写真ACからの写真

 

編集技術を上達させるためのコツは“とにかく真似ること”です。

「真似は良くないこと」と思われるかもしれませんが、天才でない限り、何もないところから学びを得ることは出来ないと思います。

オリジナリティ作品を作りたいと考えるのは良いことですが、まずは既に世の中にあるものを題材として、どうやったらそれが出来るのかを知る必要があります。

それを知る過程で編集技術が身に付き、将来的に自分の作品を作ることに繋がります。

真似る材料は沢山ある

 

真似る材料は身近に沢山あります。

例えば「テレビCM」や「Youtube」が身近なものだと思います。

その中で「これは自分にもできそうだな」と思ったものからチャレンジするのが良いと思います。

それを実際に作れるのかの確認の意味もありますが、その作品を作るのに“どれくらいの時間を要したか”を知ることもできます。

作業時間を把握することは、例えば、動画編集を仕事にするとして、それを作るのにどれくらいの労力と時間を要するかを把握しておくことは大切になってきます。

「真似る」は教科書と同じ、もしくはそれ以上

「これから動画編集を始める」という人にとって、最初の操作を学ぶ意味で教科書は必要となると思います。

しかし、教科書に書かれていることでも、実際に何回も使わなければ覚えられない操作があったりします。

そういった意味で、「真似る」は強力な学びの材料となります。

まとめ:まずは要所を捉えて覚える

動画編集ソフトの種類にも寄りますが、操作はシンプルなものが多いと思います。

しかし、「機能が多すぎて覚えられない」と考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、すべての機能を覚える必要はありません。

すべて覚えていることに越したことはありませんが、まずはよく使うであろう機能を実際に編集しながら覚えることが第一優先です。

「よく使う機能=基礎」なので、そこをまず抑えてから、その他の機能を覚えるようにすれば自然と動画編集が出来るようになると思います。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします