ディスプレイモニターを購入する際の2つの注意点

タロウ君
WordからExcelへの切り替えの操作意外と面倒…。もっと広く快適にしたいけど、何か良い方法はないかな?

ウィンドウの切り替えは頻繁なので、毎回のマウス操作が面倒になったりしますよね。

そんな時はディスプレイモニターを使うことでストレスが軽減されると思います。

しかし、新たにディスプレイモニターを追加するのであれば、使っているパソコンに接続できるかの確認と、大きさにも気を付ける必要があります。

そこで、このページではディスプレイモニター購入する際に気を付けるべきことをお伝えします。

接続ケーブルの確認

パソコン本体やディスプレイモニターに合わせ接続ケーブルは選ばなければなりません。

そのため、自身が使っているパソコンのケーブル接続部分を確認しておきましょう。

以下の写真は、それぞれ別種類のケーブルになりますが、形が異なります。

 

この中で汎用性が高いのが一番右のHDMIケーブルです。

しかし、このHDMIケーブルの形をしていますが、サイズが小さい物があります。

そのため、しっかりと自分のパソコンに合うものを確認しておきましょう。

差込部分が違う場合は変換アダプタを利用する

ディスプレイモニターを購入すると以上のような形式のケーブルは一緒に入っていると思います。(必ず入っているとは限りません)

しかし、そのケーブルが持っているパソコンに接続できるとは限りません。

もし、ケーブルの形が違う場合は、変換できる機材もあるので、万が一の場合は購入を検討しましょう。

 

パソコンがタイプCの場合

パソコンがタイプCの外付けのハブは、USBメモリ、SDカードが挿せる形のものがオススメです。

作業環境に適したサイズを選ぼう

ディスプレイモニターは大きいサイズが必ずしも良いとは限りません。

自身の作業スペースに考慮したサイズにすることで、より快適な作業環境が整えられると思います。

また、今回ご紹介したようにケーブルなどの付属品にも気にしておかなければ、失敗してしまうこともありますので、注意しておきましょう。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします