ディスプレイ1つ増やすだけで作業ストレスが減る

動画編集する時、あなたは画面を何個使っていますか?

もちろん動画編集はパソコン1台でできますし、動画編集ソフトも画面1つで作業を行えるような仕様にはなっていると思います。

ただ「もうちょっと広く使いたいな~」と感じてはいませんか?

もしくは画面の切り替えにストレスを感じていませんか?

このページでは、そんなあなたにディスプレイモニターという便利な道具があることをお伝えできればと思います。

【ディスプレイモニターとは】

ディスプレイモニターとは、簡単にいえば画面のことです。
(↓こういう物)

この場合、理解できれば良いので呼び方を気にする必要はありませんが、よくディスプレイ単体のことをパソコンと言ったりすると思うのですが、正確には「パソコンのディスプレイモニター」というのが正しいです。

因みにパソコンというのは、四角の箱の様な形を下の物です。↓

お店で買おうと思っている人は「パソコンの本体」と言うと定員さんにも伝わりやすいと思います。

因みに、ノートパソコンを探している時は「ノートパソコン」と言うと伝わると思います。


【ディスプレイモニターを買う時の注意点】

ディスプレイモニターを買う時には以下の2点に注意するだけでOKです。

  • HDMIケーブルが使えるか?
  • サイズは間違っていないか?

「HDMIケーブル」というのは、こういう物です。↓

とりあえず、これが使えるディスプレイモニターを買っておけば心配はいりません。

今販売されているディスプレイモニターはHDMIが使えるとは思うですが、中古品などを見ていると使えない物がある可能性がありますので、気にしておきましょう。

使えるかどうかを確認するには、ディスプレイモニターの裏側に差込口があるので、そこでHDMIケーブルと同じ形があるか確認しましょう。(もしくは定員さんに聞くと良いと思います。)

ネットで購入するのであれば「HDMI」の表記があるか確認してから購入すると良いと思います。

ここで、「HDMIケーブルってなんぞ?」と疑問に思うかもしれませんが、要はパソコンに表示されている画面と音をディスプレイモニターに出力してくれるもの。と思ってもらって大丈夫です。

これがあれば、パソコンの画面を簡単にディスプレイモニターに表示させられます。


サイズについてですが、単純に考えて部屋もしくは机に置けるサイズかどうか。

大きい方がいいとは思うのですが、やはり部屋の広さや、机の広さにあった物を選ぶのがベストだと思います。

利便性を高めるために買ったのに、邪魔になっては本末転倒ですので、念のため置く予定の場所のスペースを確認しておきましょう。


【MacBookProを使用している人へ】

パソコンとディスプレイモニターを繋ぐ道具としてHDMIケーブルを紹介しましたが、パソコンによってそのまま繋げないものもあります。

そのパソコンというのは、MacBookProです。

最近発売されているMacBookProはケーブルの接続部分が全て「タイプC」となっています。

となると、直接HDMIケーブルを挿すことが出来ません。

そのため、自分のパソコンがHDMIケーブルを挿しこめる部分があるかを確認しましょう。

自分のパソコンがタイプCの人は、こんな便利道具があるので、HDMIケーブルと一緒に購入しておいても良いと思います。

これ1つがあれば、HDMIケーブルだけでなく、USBケーブルやLANケーブルもさせるようになるので、持っておくと便利です。


【まとめ】

今回は動画編集だけでなく、パソコン作業の効率を上げるためのツールについてお伝えしてきました。

これでウィンドウを閉じたり開いたりする作業が減ります。

ちょっとしたことですが、いちいちカーソルを移動させなければならないので、そういったストレスを軽減させることができ、大きな目のディスプレイモニターであれば作業画面が見やすいので、ストレスも軽減できるのはないかと思います。

値段も種類も色々とありますが、だいたい1万円代のもので良いと思います。