あなたの動画はスマホで撮影?ハンディカメラで撮影?

roman
撮影ってスマホでもできるし、ハンディカメラでもできるよね。スマホは持っててそれなりに良い画質で撮れると思うけど、やっぱりハンディカメラの方が良かったりするのかな?

 

スマホの撮影機能はここ数年で飛躍的に向上しましたよね。

そんな背景もあってスマホ以外で撮影する人は少なくなっていると思いますが、撮影環境によってはハンディカメラの方が適していることもあります。

このページでは、スマホハンディカメラの使い分け方をお伝えします。

スマートフォンが適している部分

pho-to-coさんによる写真ACからの写真

今やスマホは持っていて当たり前になっていますよね。

遊園地での思い出、道で可愛い猫を見つけた時など気ままに撮影ができます。

このようにスマホはどこでも気軽に撮影できるところが利点です。

スマホが適していない部分

「高画質で気軽に撮影できる」これ以上の手軽さはないと思いますが、その分、バッテリーの減りが早かったり、容量を消費しやすいです。

そのため、充電などができない環境での長時間撮影には向いていません。

ハンディカメラが適している部分

スマホに比べハンディカメラは高画質ですし、保存容量、バッテリー容量ともに大きいです。

さらに「手振れ補正機能」「フォーカス機能」など撮影に特化した機能が付いているところが利点です。

ハンディカメラが適していない部分

スマホに比べて手軽さがないところです。

ハンディカメラを持ち出す時は「これを撮ろう!」と決めてから持っていくものではないでしょうか。

しかも、三脚に取り付ければ映像のブレも少なく、安定して撮影できます。

まとめ:使い分けでより良い素材を手に入れよう

スマホで十分なのか、それともハンディカメラを使った方が適しているのか、自分が撮影する環境はどういったものなのかを考えた上でどちらを使うか判断しましょう。

こういったツールの使い分けでも出来上がりが違ってきます。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします