あなたの動画は携帯電話で撮影?ハンディカメラで撮影?

どうもromanです。

あなたは撮影する時は携帯電話で撮影ですか?

もしくはハンディカメラで撮影ですか?

恐らくですが、携帯電話(iPhoneかスマートフォン)を使っているのではないでしょうか。

最近の携帯電話はカメラ性能がかなり良くなってきているので、携帯電話での撮影も悪くはありません。

むしろ、今となっては当たり前になってきています。

ただ、携帯電話の性能が良くなってきていると共に、ハンディカメラの性能も良くなってきています。

しかし、同じくらいの性能で、同じくらいの物(クオリティ)が撮れるのであれば、恐らく携帯電話を選ぶと思います。

ただ、実はこの2つ、使う場面を考えないと、せっかくの思い出がちょっと残念な感じになる可能性があります。

そこで、今回は携帯電話ハンディカメラ上手い使い方(使い分け)をお伝えできればと思います。

 

【目次】
・携帯電話(iPhone、スマートフォン)の使う利点と場所・場面
・ハンディカメラを使う利点と場所・場面
・まとめ

【携帯電話(iPhone、スマートフォン)の使う利点と場所・場面】

携帯電話は「持っているのが当たり前」という世の中になっていますし、あなたも持っていると思います。

そして、いつも身近にあると思います。

つまり、撮影の観点から見ると携帯電話を使う利点は、どこでも気軽に撮れるこにあります。

ありきたりですが、遊園地で楽しい一瞬を撮ったり、会社の帰り道で可愛い猫を見つけた時に撮ってみたり、、、と一瞬一瞬を気軽に撮影することが出来ます。

ただ、携帯バッテリーの減りが早くなってしまうことや、キレイに撮れるため携帯の容量がいっぱいになりやすく、携帯の動きが遅くなったりします。

思い出を多く残すは大切な事ですが、全てを携帯に収めるのはちょっと避けた方が良さそうです。

※携帯電話をメインに撮影を行いたい人には、データ整理と容量確保のためにオススメのグッズを紹介します。
(リンク→専用ツールを使って思った通りの撮影を実現しよう


【ハンディカメラを使う利点と場所・場面】

ハンディカメラは携帯電話のように、普段から持ち歩くことはないのでしょうか。

ハンディカメラを持ち出す時は、やはり「これを撮ろう!」と決めてから持っていくのではないかと思います。

例えば、子どものお遊戯会、運動会、または友人の結婚式などの行事的な何かがある時に使うことが多いと思います。

「その時も携帯電話のカメラでよくないか?」と声が聞こえてきそうですが、ちょっとお待ちを。。。

いくら携帯電話のカメラ機能が良くなったとはいえ、やはりこういった場面はハンディカメラで撮影したほうが良いと思います。

なぜなら、バッテリー切れ・容量のことを気にする必要がないからです。

ハンディカメラは言わば撮影に特化した物。

バッテリーはしっかり充電しておけば行事中ぐらいは全部撮れると思いますし、連絡するためにイチイチ撮影を止める必要もありません。

しかも、三脚に取り付ければ映像のブレも少なく、安定して撮影できます。
(その間も携帯電話で写真撮影だって出来ちゃいます。)

後で動画編集することを考えるのであれば、やはりハンディカメラで撮影することをオススメします。


【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

今回は、素材となる写真や動画をいかにキレイに撮影するためのコツ「携帯電話での撮影とハンディカメラでの撮影」についてお伝えしてきました。

携帯電話での撮影している人が多いと思いますが、使う場面を少し考えて携帯電話で撮影するか、ハンディカメラで撮影するかを決めるだけで、撮影したものは大きく違ってきます。

それを使って動画編集を考えているならば、この使い分けはより良い動画を作るために重要になってくるので、このちょっとした気に掛けを忘れないでくださいね。

こういった感じで、今後も動画編集に関連する情報を発信していきます。